記事一覧

【百円均一】常識的に「ありえないだろう」と思うものがある場所:テープカッター

テープを手軽に引っ張って、手軽に適当な長さに切る。それがテープカッターの役目。このためには、「引っ張っても動かない重さがあること」「底面に滑り止めがあること」「テープを切る時や、交換する時には適度な大きさがないと困る」です。

だ~っと条件を並べると「まさか、オフィスの机にあるようなテープカッターはないだろう…」と思っていたら、

ファイル 403-1.jpg
ちなみに正式名称は「COLOR TAPE DiSPENSER」もしくは「カラーテープカッター台」です。まぁ…確かに3色あれば「カラー」なんだろうなぁ、と、パッケージを良く見ると、百円玉ほどのサイズの穴が開いていて中身の色が確認できます。奇抜に「ピンク」でもよかったのですが、居間で使っているテープカッターと統一させたかったので、やっぱ「水色かなぁ~」、と商品を手にとってみたら…「重い!!」

んん、まさか本格的なテープディスペンサー??

OPPクリアテープ(セロハンテープと巻の大きさと幅が同じなので、代用できる)がいくつかあるから、まぁダメもとで買ってみようと挑戦。そして、買ってみたものが…

ファイル 403-2.jpg
あの~、…これって文房具店で意外にいい値段で売ってませんか?百円均一だからチャチというのなら、まぁ納得はいくけど、どう扱っても差異がない…(とゆうかダイソーなら平気でやり兼ねない)。

ちなみに材料は「ポリプロピレン、スチール、セメント」といたって普通。でも、そんなにセメントって安いものじゃないような気もするのですが?? なお、文房具店で売っていたものの成分は、樹脂部分に塩素が含まれているのも見つけたので、まぁ…地球にやさいいことには間違いないでしょう。

一応、言っておきますが、デスクにフツウに置いてあったら、誰も「百円均一」だとは気づきません。ご興味があったらゼヒにでもどうぞ♪

マイクロフォン・ミニクリップ・iBUFFALO<原価割れ交渉>

そもそも、家庭用であればIP通信網がバリバリに使えてるから、無料通信もそうそう難しいものではないです。ところが、ここでPCやスマホになると、無料通信するにはお互いのプロトコルや通信方法の一定化が必要になります。そこで、今は「Skype」がもてはやされています。

と、まぁこんな一般論はどうだっていいです。
要は、どうやれば無料で喋れるのかを、ハード・ソフト共に揃えることに意味があるのです。

本気でマイクやイヤホンを安くしたいのであれば、百円均一で入手可能です。ただ、いくら安くていいとは言っても、音質が良くないトカ言うのであれば、さすがにある程度の物を揃える必要が出てきます。
さて、今回購入したものは、これ。

ファイル 402-1.jpg
「iBUFFALO・マイクロフォン ミニクリップ ブラック(型番:BSHSM03BK)」とゆう比較的簡素なマイクです。「入門用」としては勿体無い位の性能を持ったもの、らしくて何気に「100Hz~10kHz・指向性なし・-54±3dB・2.2kΩ」判る人には、安物ではそうそう見つからないものなのを示せばこんな値です。とはいえ数値だけで音が決まるのだったら、「とにかく有利なものを買えば良い」になってしまいますし、「値段が高ければいい物だ」という訳ではありません。大事なのは、声と耳の相性次第です。ついでに繋ぐマシンそのものにも、要求されるスペックの違いが出てきます(現に、Macintosh未対応、マイク給電のないThink Padも未対応)。まぁ、それでもせめて見た目はどんな感じ?って言えば…

ファイル 402-2.jpg
こんな感じです。至って単純ですが、使えば使うほど有難い大きさです。将来的には、放送局スペックに近づくようなマイクロフォンも欲しいですが、お値段はさすがに相当の覚悟がいりますし、Skypeで使うのであれば、正直、オーバースペックです。もっとも、ニコ生をやるというのであれば考え直しますが…(苦笑)

あとは、どうしても設置場所の関係で、ハウリングが発生してしまうこともありますが、その辺りは既に「無駄にスペックの高いヘッドフォン」を持っているので、端子につなげばそれでOKです。

ファイル 402-3.jpg
なお、PCの前から動かないのであれば、マイクボリューム次第では襟元にクリップを挟まなくても、PCのモニターの上に什器を設置して挟んでおくという手もあります。世の中、色々と考えれば面白いものが転がっていますから、どう楽しむかも大事な要素だと思います。

さて、いよいよ本題。実は、最初は「AMAZON」で購入予定だったのですが、届くの待つのも面倒だし、受け取り場所をコンビニにしておけば「荷物が到着しました」のメールで受け取れるのですが、いちいち端末にセキュリティコードを打ち込んだりで面倒なのです。

そこで、ちょっと機転を利かせて、「ヤマダ電機」にAMAZONの商品ページ(当然、価格入り)をプリントアウトして持っていき、店員さんに「これって、価格に適応出来ますか?」と尋ねました。

ここだけの話、ヤマダ電機はネット価格のほうが1円でも安かったら、最低でもその値段、場合によっては端数がカットになり、ネット購入よりも実質的にはお得になります。

今回は「明らかに原価割れ」しているのが判っていたので、どう対応してくれるのかなぁ~、と期待して待っていたら

「原価割れなので、AMAZONさんの値段未満にはさすがに出来ませんが、同じ価格ということでいかがでしょうか?」

待ってました、このセリフ!断る理由はどこにもありませんから即決です(実際にはポイントで端数を切りたかったので、実質的にはAMAZONよりも1円安くなった)。

え、いくらになったかって?

それは、さすがに言えませんねぇ。強いて言えば、店頭価格の60%を切った…ってこと位でしょうか。こんな原価割れを毎度起こされたら、さすがのヤマダ電機でも対応に困ってしまいますから、詳しく言わないのも「店と客の信頼関係」ということで。まぁ、常連で顔を確実に覚えられてますから、こんなに微妙なカケヒキも出来るのです。「値段と商品だけ店頭で見て、ネットで買う」ばかり続けていたら、最終的には客が損をすることを覚えておいて下さいませ。

もし、Skypeでお話したい方がいらっしゃったら、喜んでお受けしますので、お気軽にメールフォームへどうぞ☆

【百円均一】衝撃吸収パッド、こんな使い方も!!(ありがとう、ピタゴラス)

ほんの気まぐれでコースターを作ったトコロから、この話は始まります。

「挟めるマウスパッド」を購入したら、近くに置いたキンキンに冷えたグラスが結露、その水分がパソコンラックを表面張力でじわじわと拡張して浸水。マウスパッド内、表面共に浸水して大変なことに!!
そこで、表面張力を逆利用して「濡らすためのコースター」を作成。これが大成功!!試しに2個作ったら、何かデザインするのが楽しくなって、大量に作成。

さて、このコースター、コーティングは非常に優秀なのですが、PETとOPPの組み合わせで、透明度は高くて良いのはともかく、とにかく表面がツヤツヤなので滑りまくり。決まった場所に留まらないどころか、マウスパッドの上に乗っかるという、全くの想定外な事態にまで発展してしまいました。

「さて、どうやれば固定できるか…?」と考えたトコロ、コースターの背面に摩擦係数の高い、もしくは粘着性の高い物体を貼り付ける加工をすればよい、とその素材を考えていたら、コースター全てに同じ加工を施したら、とんでもない値段と加工時間がかかることが判ってしまいました。そもそも、百円均一でどれだけ安価に作るかを考えていたのにこれではねぇ…ということになって、百円均一巡りをスタート。

何を買えばいいかも判らないどころか、どのような物体なのかも想像できない、どのジャンルに当てはまるかも不明、工作方法も見えてこない。…多分、百円均一ショップで捜索する中で一番面倒な探し方になったと思います。最小レベルで考えたら、百円均一なコンビニエンスストアーで扱ってる品目数は、15,000~20,000品目になります。これが大規模店舗になったら…想像がつきませんよね(苦笑)

そして、閉店時間の10分前、ふといつもは見ない陳列棚で「逆転発想」な便利そうなものを発見!!

そう、「コースターを改造するのではなく、パソコンラックにカンタンな細工をすればいい!!」という結論が出ました。そこで買ったのが「衝撃吸収パッド」、地震対策に使う位しかフツウは思いつかないのが、「高粘着素材」な性質も併せ持つ、これしかないじゃん!!ということで、早速購入。

ファイル 401-1.jpg
細かい仕様は、写真をクリックしてもらえば見れると思いますが、特に着目したのはこの2つ「不思議な粘着力」「水洗可能」。奥さん、大事なのはこれなんですよ!「滑らないし、水濡れも安心、汚れたら洗えばいい、ここで買わなきゃ損ですよ!!」

ファイル 401-2.jpg
早速、1枚を取り出してコースターを置く場所に貼り付け。ちょいとパソコンラックの汚れは気になるものの、一応はキレイに拭いたし、どうしても気になるのだったら後で紙ヤスリで削るのも、もしくは別の木目なモノを貼ればいい(プリント合板だと、ヤスリは禁物です)、ということで仮設置。フツウにネットリと貼り付いてくれました。

ファイル 401-3.jpg
では、コースターをその上に載せると、また見事に貼り付いてくれました。確かにズレないし、浸水は防げます。ただ、ちょいとばかり面積が足りないので、プルンプルンと上のグラスが不安定に揺れます。溢れるほどではないけど…さすがに気分的に不安なので、ちょいと貼り付け方を考えてみることにしました。

ファイル 401-4.jpg
ジツはこのパッド、4枚全部をキレイに並べて貼るとちょうどコースターに収まるサイズになります(コースターの1辺が8.0~8.2cm:L版で印刷可能な最大サイズ、パッドの1辺は4.0cm)。ただ、1枚でも異様なほどの粘着力なので、さすがに4枚は、ねぇ…とゆうことで、「載せるグラスの接地面は通常は円形」で「カットが可能」の2つから考えた、半分に切った時の貼り付け配置はこう。ジツはこの貼り付け方でもコースターのサイズに収まります。直角三角形の各辺の長さの定理=ピタゴラスの定理(中学校2~3年で勉強します)、つまり、これを応用して配置すれば必然的にこの配置になります。てか、「高校生以上の人で判らない人は手を上げて下さい」。直角二等辺三角形とゆう、一番カンタンなモノなのですから、判らないと恥ずかしいデスよ~。
(忘れちゃった人はコレ>http://www8.plala.or.jp/ap2/suugaku/sankakukeinoseishitu.html でも読んで理由を考えてくださいな)。

ファイル 401-5.jpg
これで完成形。グラスを置くときの抵抗が、なにげにいい具合に吸収されるので、信じられないくらい安定します。コースターが動かないのはもちろんのこと、結露で異様に大量に発生した水分も、それこそ表面張力でコースターの背面にまで回って、パッドで止まるので「絶対安心」です。もちろん、汚れたら洗えばOKだし、場所を変えたくなったら「自由自在」です。これにて、コースターのお話は終わりです(多分…)。

【防水コースターについての過去ログ】

コースターの作り方>http://sanana.jp/cgi-bin/diarypro/archives/396.html
コースターの実験>http://sanana.jp/cgi-bin/diarypro/archives/399.html

温泉銭湯(東京23区版)の大幅な修正…で燃え尽きた。

なかなか、地図サイトが一致してくれなかったり、「さななねっと」の空き容量が逼迫してきたので「さななおりじなる」に容量のかさばってる部分をお引越しさせることにしました。

あ、もちろん「さななねっと」内のモノは、影響のないものは残しますのでご安心あれ。

ただ問題が…CGIの構文が違うところが結構多かったので、「perl4・5」の仕様書を読んで、スクリプトの書き直し。まぁ、その甲斐あって「さななねっと同様に動く」ようになりました。
もちろん、メールフォームも改善されています。

で、安心して「東京23区温泉銭湯」のページをコピーしたまでは良かったのですが、あまりに地図の構文が違いすぎるので、引っ張ってきたURLを手調整。前浴場の住所を反映させたら、とんでもない時間がかかってしまいました…。

とりあえず、リスト内の「地図」に関しては、ほぼ万全です。あとは、各レビューのページにマピオンを反映させていく、地道な作業からのスタートです。確かに、Googleマップを導入すれば、ストリートビューなども確認できるので迷子にはなりにくいのですが…、高速なマシンならともかく、どうしてもパワーが弱いモバイル・ネットブック・タブレット端末・スマホで見るとなると、かな~り不便です。併せて、その対策も取りました。

あとは「浴場名」。大きな差はないのですが、接頭語を加えて「今までとは違うんだよ」と明示している浴場があれば、できるだけ反映させたいですから、ここまで情報量を収集するまでも実は面倒くさかったりします。

メールフォームは「さななおりじなる」専用のものを設置。他のサイトのメールフォーム同様、速達性が命です。大きな改造はこの辺り。なおもし「Skype」でお話したい方がいたら、メールフォームにでも書いておいて下さい。

細かい修正では、今回より「温泉マーク」をつけて、リンクの簡便さを追求して見ました。また、4ヶ月かけて、カラーリングを「色盲の方用」に見分けがつかないことを考えて(シミュレーションを行った上で)、何を言いたいのか判るようにしておきました。

さて、これで3つのドメインとサーバーが起動しましたが「さななジャパン(http://sanana.jp/)」と「さななオリジナル(http://sanana.org/)」は完全互換なので、ちょっとした書き換えでなんとでもなるのですが…、「さななねっと(http://sanana.net/)」と「さななアジアン」(http://sanana.asia/)2つのケースは、時間もかなりかかりそうだし、構文をピッチリと決めたいので、まだまだ先は長そうです。

さてと…、これらが終わったらこのブログのエンジンを積んだ「さななジャパン(http://sanana.jp/)」の整理方法を考えないとね~。容量が肥大化しすぎちゃってるから…。
まぁ、これはあとにやろう。

<所有ドメイン(所持の長い順に)>
・さななねっと
・さななジャパン
・さななオリジナル
・さななアジアン

まぁ、こんな感じです。お陰様でデータの逼迫問題がだいぶかたづきつつあります☆

もしお時間があったら、試しにこちらに飛んでみて下さいな。
http://1010.sanana.org/

コースター、いっぱい作ったのはいいんだけど…

毎度の、百円均一の山と格闘しつつ、細かくて繊細な工作を続けちゃったんですよ、まぁ…いくつか満足したのがあったので、折角だからちょいと掲載。

ファイル 399-1.jpg
さて、デザインはともかくとして、耐水性は如何なものだろうか、ちょいと実験してみた。

(1)ワザとコースターの上にコーラをこぼした
(2)そのままではペタつくので水洗いした

結果、全く問題なくクリアしてしまいました。これだったら実用的だし、まぁまた気が向いたら作ってみてもいいね~。材料も百円均一だし。

と、実は「紙」だけは百円均一ではありません。
その理由はと言うと、紙1枚あたりの値段が、ほぼ同性能にもかかわらず、家電量販店のほうが驚くほど安かったからなのです。何も損をしてまでこだわる理由がありませんしね。

インクについては、百円均一でもちゃんと調整をすれば、十分に実用に耐えます。それどころか、純正では一部苦手な部分でもカバーしてしまいました。今まで、大きく売り込んでたのはいいけど、具体例に乏しかったから、思い切って印刷結果をスキャナーで取り込んじゃいました。多分、何も言わなければ「激安コンボ」だって判らないだろうなぁ~。

ところで、形は何も正方形でなくて、フチ丸でも、まんまるでも、ハート型でも、星形でも原理的には可能なのに、何故にそうしなかったのか?というと「耐久性が落ちる」からなのです。カラフルなコースターに一番求められるのは、言うまでもなく耐水性なのですが、OPPで防水加工すると、四角形だったら本来は一番弱いカドの部分が、表裏あわせて4重のバリアになります。長方形ではなく正方形なのは、およそ常識的なグラスは真円形の底面だから、と。とにかく水滴で机トカを汚したくないのなら、「線対称であり点対称である」正方形・角丸・円形に限られます(この原理で行けば、六角形や八角形でも問題はない)。

なお、円形と六角形については、現在テスト中です。ちゃんと水滴に耐えられるのが判ったら掲載しますね☆

※なお、敢えてテープ痕が見えるようにスキャニングしましたが、実際はかなり透明なので目立ちません

アジア圏では、コーヒーはMIXしちゃうのが流行り。

ベトナムに行った妹達に、お土産をもらいました。
ジツは、毎度その人に、アジア圏の海外に行くときは必ず「全部入り」なMIXコーヒーを貰います(全部入りとは、インスタントコーヒー粉末・砂糖類・粉末ミルクが入っている事)。台湾でも、韓国でも、シンガポールでも、タイでも普通に売ってます。

ちなみにあたしは、ちゃんと豆から作る時は「ブラック派」なのですが、インスタントの時は、必ず「砂糖たっぷり、低脂肪ミルク」な組み合わせにします。そういや、ブレンディでもスティックタイプのカフェ・オ・レが出てますね。おおまかに言えばこんな感じです。で、今回のモノは

ファイル 398-1.jpg
こんな感じです。なお、現地で買ったものなので、当然日本語表記はどこにもありません。韓国辺りなら、ハングルは読めるのでなんとかなりますし、シンガポールだと英語が併記されているのでその通りに読むだけだから何ってことはないのですが、今回のものはどこを読んでもベトナム語…。

でもまぁ…、何を言わんとしているかをよく考えれば、なんとか読めるし、作り方も判る(いや、作り方も何も…)。

ファイル 398-2.jpg
「カップに粉末を入れて、75mlの80~100℃のお湯を注ぎかき混ぜれば出来上がり」
要約するとこんな感じです。ちょいと75mlというのが「少ないなぁ?」とちょっと考えたら「そういや前に買った断熱ステンレスのマグカップなら100mlで満タンだから、測るのは単純だ!」と気づいたので

前の記事>http://sanana.jp/cgi-bin/diarypro/archives/355.html

相応の量(7~8割程度)になるようにお湯を注いだら出来上がり。飲んでみたら、なかなか美味しかった♪

このペースでいけば、いろんな国のMIXコーヒーが飲めそうですし、多分、きき味も出来るでしょう。とゆうことで、コーヒー好きな私には有難いお土産でした。

【百円均一】A4フレーム・ダイソーさんありがと~☆彡

DAISOの「A4サイズの写真フレーム」が、品切れで全然手に入らない、と前にお話しましたが、

参考>http://sanana.jp/cgi-bin/diarypro/archives/382.html

陳情と、WEBでの購買意欲向上が繋がって、大量仕入れしてくれました!!ダイソー様、どうもありがとうございますm(_ _)m

そこで早速、大量購入したので…禁断の「さななぷろじぇくつ」のメインPCが設置されている周辺を中心に、部屋の内部を一部公開っ!!

部屋の入り口を入ると…

ファイル 397-1.jpg
こんな感じになっています。3枚、こんな風に縦横自由にかけられます(加工方法は上述のブログアーカイブへのリンク参照)。比較的、無難なものをいれておきました。というか部屋に入って一番最初に目に付く場所なので、そうそう変なものは入れられません。もし、気に入った絵があったら、絵師さんのアドレスを紹介しますので(上のメールフォームからどうぞ♪)、そこから持って行って下さい。

ファイル 397-2.jpg
さてお次は、PC右上部に飾られているものを紹介。見あげれば、いつもそこにあるものなので、落ち着くことがメインになってます(でなきゃ、入力に集中できない)。但し、自分の目につきやすい場所とゆうことは、仮に他人が座っても判ってしまうという考え方になるので、さしあたって自粛モード。その位置にあるのが5枚。ちなみに、写真でやたらと目立つ、左下の黒い物体は「Logicool Z623」のスピーカーの一部です(Logicoolの中では、一番高級なフラッグシップ機)。

ファイル 397-3.jpg
前の写真(PC正面)の左側、右から1列目は…見られるととちょい恥ずかしいけど、問題にはならない絵柄で構成。但し…写真には下の方にちょいとだけ写っているフォトフレームがあるけど、普通は余程の位置まで入り込まないと見えない「死角」なので、「R-18」どころか、もっとヤバヤバなものだったりしますが…。
中央上から左下まで伸びる2列めは、あたしの位置からは見えづらいけど、来客者には真正面に位置するので、アーティスティックなもの限定になります。
ついでに言えば、写真の左上から視野外に伸びる列は、「良い子は見ちゃいけない」なゾーン。どしても写り込んでしまうので、一番上だけは、まともな写真に変えたけど…下のほうは、とてもここではお見せできません。

その他にも「R-18」がコッソリと貼ってあるけれど、絶対にお見せする機会は無いでしょうから…省略。

さて、ぶらさけるのはいいのだけれど…どうやって固定するの?ということで、至ってカンタンな答え。これも百円均一で売ってます。
先ずは針金。ホビー用だとかな~り長いのが売ってます。多分…この形式のフォトフレームだったら、仮に50個あっても足りるんじゃないかなぁ、と推測。それと壁の留め具「?フック(はてなフック)」は普通にどこでも売っているので、探すのには困らないと思います。
ファイル 397-4.jpg

しかしまぁ…あたしの部屋にぶら下がっているのは、今日現在で19枚ととんでもない数…。購入したけど、落として割れちゃったとかいうのが3つあるから、計22枚買った計算になります。
…明らかに無駄遣いだわね~(苦笑)

【百円均一】「防水コースター」しかあるまい…

あたしは、さすがにポテチ食べながらPCで作業はしないけれど、長時間作業だから飲み物は必要。そこで、今までフツーにPCラックの上に置いていた。まぁ…溢しさえしなければ、温かい飲み物だったら問題はない。

ところが!冷たい飲み物となると事情が変わってきます。この季節なら尚更で、発生して困るのが「結露」です。それがかなりPCラックを汚すのですよ。場合によっては、マウスバッド、はたまたトラックボールにまで浸水しかねない状態なので、一計を案じてみた。

「あ、コースター置けばいいんじゃん!」

意外に単純な答えでした。で、紙のコースターを置いてみたら…すぐに使い捨て。布のコースターを置けば、結局下まで浸水する。木のコースターだとカタカタと動いてしまうので、いつ倒れるか不安…。

「なら、作っちゃえばいいじゃん!」

で、試作してみたのがこれ。

ファイル 396-1.jpg

ファイル 396-2.jpg
それが、この「防水コースター」。ジツは全て百円均一の組み合わせで作ることは余裕で可能なんですよ。
使った材料・工具を列記します。

プリンターインク・プリンター用写真用紙・シール式ラミネーターフィルム(なければ、プラ板、もしくは透明な下敷きのようなものでもOK)・カッターナイフ・定規・OPPテープでいけちゃいます(シール式ラミネーターの場合は両面テープも必要)。

作り方も、

(1)印刷して、定規を使ってキレイにカッターでフチを切る。
(2)シール式ラミネーターを本来と表裏逆で使う。
    →プラ板しかないときは、単純に2枚で挟めばいい。
(3)印刷したもののウラに両面テープを貼る(固定用)
(4)位置決めが決まったら、カッターと定規で丁寧に切る。
(5)浸水防止のために、全ての辺にOPPを2つ折りで貼る。

こんなもんでいいんですよ。
PCラックやマウスを守るためなら、ゼヒお試しくださいませ♪

【食べ歩き】バターカレー/葛西駅周辺

何か新しいインド料理店が出来たから行ってみました。
…とはいっても、葛西周辺はインド人人口が非常に多いので(インド人会なるものがあって、その会長さんが住んでいるのと、某IT企業でインドの優秀なエンジニアさんがたくさん働いているから)インド料理店が出来る事自体は、何も珍しくないんだけど、他の店と大きな違いがあるのが判ったので、あたし達みんな揃って来店☆

その名も「バターカレー」。一見、カレー屋さん?って思いそうな名前だけど、あくまでも一番の売りのメニューがその名前だから付けた、ということ(なお、他の店はこぞってインドの町の名前や固有名詞を使っているステレオタイプ)らしいです。

<他のインド料理店とどこが違うのか?>
(1)アルコール・ドリンクがやたらと豊富
(2)オリジナルレシピが多い故に品数が豊富
(3)他店ではあまり出ていない料理が多い
(4)「ナン」だけでも、ノーマル~スウィーツまで幅広い

と前置きはともかく、いざ実食!!

ファイル 395-1.jpg
卵のフライ…って、これだけは正しいメニュー名を忘れてしまいマシタ…。でも、サクフワですばらしくマイルドで、とはいえフリッターともまた違う、独特な食感。ポーチドエッグがお湯に落とすのだったら、これは「その代わりに衣をつけて油に落とす」といった感じでしょうか。これはお気に入りになりました☆

ファイル 395-2.jpg
「プラウンパコタ」インド風海老の天ぷら。一瞬「春巻き?」って思ったけど、食べてみたら確かに天ぷら。この、何とも独特な風味が口の中に広がって、超エスニック!これはお酒のつまみにあいそう~♪

ファイル 395-3.jpg
「マトンビリヤニ」羊肉のチャーハン・エスニック風。って、一言で片付けちゃ駄目ですよね(^^ゞ 異様に盛りがよいので、多人数で分け合った方がいいですよ。超ぉマトンな味です、とはいっても臭みは殆どないですよ。下処理が上手なのかなぁ??

ファイル 395-4.jpg
「マンバサンカレー」バターカレーのオリジナルレシピなカレーです。確かに様々な風味が溶け込んで、辛いけどマイルドなのは面白いと思う。ただ…あまりに具だくさんさので、お腹にガツンときます。…多分、今日の体重計のあり得ない数値はマトンビリヤニとコレのせいだと思う。

ファイル 395-5.jpg
「バターチキンカレー」これは一押しですっ!!辛さもお好みで選べます。「超辛口vs中辛」でどうしようか~なことになったので、多数決で中辛になりました。これはまたクリーミーで、他では味わえない風味です。何よりも、見た目の綺麗さから攻めてきて、バター独特のトロみ具合、程よいスパイシー、軟らかい鶏肉と、どれをとっても最高ですっ!!何故、お店の名前が「バターカレー」になったのかがよく解る逸品です☆

他にも、色々な「ナン」や「ラッシー3種」など頼みましたが、まだまだ食べてみたいものがいっぱいあるので、あたし達みんなで絶対にまた来店するでしょう♪

住所・アクセス:東京都江戸川区中葛西3-29-12
東京メトロ東西線葛西駅徒歩4分

コメント一覧

アイコンイリヤEメール (07/15 08:17) 編集・削除

行ってみたい、食べてみたいものがたくさんある。

【気象】2013年7月12日18:58 埼玉北部~栃木南部の巨大な積乱雲

【気象】2013年7月12日18:58 埼玉北部~栃木南部

ファイル 394-1.jpg
この時は、上の地区で大雨洪水警報が出ていました。ついでに、雷・強風注意報と、突風・竜巻注意情報も…。

あたしの家からだと、ちょうどいい方角に積乱雲が見えるっ!!と直感で判ったので、すかさずカメラを持ちだして撮影。そうしたら、すごく見事な積乱雲で上方は成層圏まで達していました(特に明るく光ってる場所)。全景が見えることは意外と珍しいので、かなり貴重な写真になりました。なお、色調整とトリミングは一切していません(サイズを縮めただけ)。

<profile>
モデル:NIKON D200
絞り値:f/7.1
露出時間:1/45秒
ISO:800
焦点距離:32mm(対35mm=48mm相当)
色彩度:ハード(やや強調)
Profile:「AdobeRGB」→掲載時に「sRGB」に変換
レンズ:SIGMA DC 18-50mm 1:2.8

なお、こうゆう状況の時は出来るだけ頭を低くするか、ビルや車の中に逃げてください。また、間違っても樹の下で雨宿りなんてことは考えないで下さい(これの3日前に、樹の下に隠れて落雷を受けて1名が亡くなってます)。

また、ここまで巨大な積乱雲になると、直下では竜巻やダウンバーストが非常に発生しやすい状況になっていますのでご注意下さい。…っていうか、ここ数日は必ずどこかでゲリラ豪雨になっています。
ちなみに、うちの辺りもすごい豪雨がありましたが、幸いなことにあたしはバスの中。但し、このバス路線の一箇所、貨物用線路と幹線道路をアンダーパスするために、極端な凹地になっている場所があるので、さすがにそこを通る前はバスは1回停止。幸い、ポンプがちゃんと機能していたので、冠水はしませんでした。お陰で、定刻通りに目的地に到着出来ました。

皆さんも、大雨の際の窪地にはご注意下さい。

P.S. 左下にあるビルの脇の尖った建造物は東京スカイツリーです。

JE^[