記事一覧

狂乱のPCスペックアップ・その6.1

ファイル 270-1.jpgファイル 270-2.jpgファイル 270-3.jpgファイル 270-4.jpg

<<狂乱のPCスペックアップ・その6.1>>

Windows8にする理由が全く見つからないので、今後もしばらくはWindows7(64bit)で続投することにしました。

ちなみにWindows エクスペリエンスは
プロセッサ:7.6 メモリ(RAM):7.6
グラフィックス:7.2

と、特に前回とは変化なし。但し、Windowsのメモリリソースを、パーテーションを切り直した、新しい部分に放り込んだら、目論見通り、体感速度はやたらと早くなった。

それはともかく、以前お話しした通りに遂に新しいメモリリーダライタを購入しました。前のモノでもCF(コンパクトフラッシュ)以外※は健全に動作していましたが、1つの機器でしかないのにスロットの数だけデバイスを増設させたという乱雑さは、さすがにドライブ管理の限界かなぁと感じていました(メディア間でのファイルコピーはラクだけど、そんな操作は滅多にしません)。

その点今回購入した「ELECOM MR-A39HSV」【写真1】はデバイス1つにつき、1ドライブのみ割り当てる潔さが気に入って迷わず商品を手に取る。そうしたら、何かケーズデンキお得意の特売品+5%現金割引…なんか、機能には全く問題ないどころが、妙にファイルのコピーが早いので、前よりも快適かも…?というものが、たったの¥551-っ!!

「xDカード」を使っている方には役立ちませんが、その替りにCFスロットがIIまでが対応、SDカード&microSDカードに対応。つまり、単なるCFだけでなく、マイクロドライブを動かしたり、機能を更に盛ったり(無線LANなど)、電気的に近いメディアを内包させることが可能なのです!

とゆうことで、さすがに安価にしすぎた為からか【写真1】のようにあまりに無骨な外見なので、【写真2】のようにデコってみました。方法は意外にカンタン。JustSystemから発売されている「ラベルマイティ」だと、単なる長方形な印刷だけでなく、角丸も半径mm単位で設定が可能なので、あらかじめ寸法を測っておけば用紙を作成するのもさほど難しくはない。

でまぁ…テストで作ってみたら、あまりにも違和感がなく装飾出来てしまったので、本体もカードも、改めて派手にヲタ丸出しにデコってみました。存在感が殆ど玩具状態です【写真3】。

なお「たまこまーけっと」な絵柄なのは特に気にしないで下さい。

さて、何故CFIIサイズが必要かと言うと、【写真4】のようにCFII型のアダプターにSDカードを挿すと…、CFしか使えないカメラが何事もなかったように、SDカードへ画像データを書き出し・読み込み可能になります。速度こそ少々犠牲になりますが、そもそもCFやMD(マイクロドライブ)を使えるように設計されたカメラであれば、メディアがなかなか売ってない、とか、単価が高くて増やせない、等々の問題が解決してしまいますので、今度を考えると…結構重要だと思うんだけどなぁ…?

最も、カードリーダライタやアダプターをこんなにデコっている時点で、当初の目的を忘れてしまっているような気も??

※CF(コンパクトフラッシュ)の端子ピンは細く密集しているので、カードの着脱で曲がったり折れたりするリスクが異様に高いのです※

【電源】
・現行は500Wのもので運用していますが、電気使用量が異様に大きくなってしまったので(去年の2倍近くまで膨れた)、ちょっと減らすのも良いような気も。内蔵のBDXLドライブの導入も考えたのだけれど、いくらなんでもあのブランクメディアの価格は異常でしょう?(苦笑)あれでは、興味があっても買えません。

【マザーボード】
intel DP55BP
・前回「ACPI」の誤認識に気づき、ドライバーを入れ替えたら…余程重たい稼働(エンコーディングなど)を行わない限りは、異様に省エネみたいです。最小1,714MHz、最大は…4GHzを余裕で超えることまでは判っているけど、省エネ推進中なので、軽い作業では、作業能率にあまり周波数は関係ないので、そんなに無茶な仕様のCPUは要らないのですよ。
・(ここは前回と同じ)BIOS設定の裏技を使って、標準動作周波数の通常倍率を21.0→22.0に変更。ついでにクロックも133→156までぽーんと持ち上げて、intel Turbo Boostが活きてる処理時はACPIの修復により、ACPIの管理状態が好転したので、ついにCPUが4.212GHzを達成。とはいえ…もう安定動作の限界まで来てしまったので、これ以上は上げられないだろうなぁ…。

【CPU】
・Core i7 860(Lynnfield)2.8GHz
(ここも前回と同じ)前回、ヒートシンクの能力を上げたので、クロック数を133→138にしたのが、メモリーの耐久性とOSの正常動作の安全範囲ギリギリで上記のように133→156と、大幅な変化を遂げました。更にACPIの厳密な管理よって、フル稼働時でも3572MHzを達成!

【SATA】6本+eSATA1本
・結局、eSATAを使う予定は全く無いので、リソース節約のためにBIOSレベルで排除しました。

【Bluetooth】オンボードで搭載されているけれど…、飛ばしてもあまり有利ではないので完全停波して省エネな思案中。但し、妹がiPad miniを購入したので、何か有効活用を見つけたら飛ばすことも…?

【メモリー】
12GB
・実は、メモリー本体は何も変えず仮想メモリを専用のパーテーションに割り振った結果、64ビットで動くアプリケーションが気合入れまくりで早くなった。原理的に12GBもあれば、物理メモリと仮想メモリは同じだけの容量があれば余裕で動作する。マルチOSを使うのであればその限りではないが…。

【USB】
・USB2.0=14本→17本。以前と違って、全部を活かすことが可能。
・USB3.0=PCI-Express1に装着で2本。但し、電源の融通が随分と良くなったので、次は4本のカードを導入する計画がありましたがコスト対能力が追いつかないので却下。但し、もう1つPCIeをUSB3.0に割り当てれば話は変わってくる。さすがに、USB3.0対応のHDDで2TBが\9,000を切ってしまったら、もう買わなきゃ嘘でしょう~(笑)

【USBマスストレージ】
・今回の目玉っ!!カードリーダーは、通常USBマスストレージとして動作するので、データの転送幅さえ気をつければ、この上なく速くて快適っ!機能的には32GBオーバーでも使えますが…それに対応したデジカメを持っていない限りは無意味。…とはいえ、形状がシンプルなのでデコって遊べます。

【SSD】
・これは迷わず買うっ!! さしあたっては128GB程度あれば十分すぎるので随分とお安いお買い物が出来そうです。ありがたや~☆彡 これで、Windowsの起動がかなり速くなると(推測の範囲内で)計算してみた。まぁ…SSDの寿命はビミョーらしいとの話がちらほらと聞こえてきますが、通常の運用で考えればエラーの頻度を加味しても、40年近くは十分に耐え切れるでしょう。そもそも、今のPCの世代交代の激しさを考えたら、そこまでの寿命は必要ないでしょう。

【HDD】
・現在は3.0TB。但し、USB3.0の2.0TBがどんどん値を下げているので(遂に3TBが発売されたからねぇ…(苦笑))、かなり早いうちに計5TB…と、一体何に使うんだ??なマシンになる予定。まぁ、そもそもHDDがRAIDで動いているという扱いなので、無駄にはならなそうな気はする。

【光学ドライブ】
・BDXLを購入するつもりでいたけど、メディアがあまりにも高額なので辞めた。そのかわり…もしかしたらもう1台BDドライブを購入しちゃうかも。1枚を焼く時間を考えたら、2台にしないと追いつかない時もある。番組録画数がハンパないからねぇ…。

【入力デバイス】
・Unifyingキーボードが2つ、レーザー式無線マウス1台、似非レーザー光学無線マウス(レーザーグレード、と謳っている)が2台。次はタッチバネルなんかも狙ってみてもいいかも☆

【プリンター】
・CANON PIXUS iP2700のインクカートリッジのリセットと、DAISOの百円均一の詰め替えインク&サンワサプライの顔料ブラックのお陰で超ぉ低コスト。ちゃんと調整すれば、発色もなかなか良いかと。…恐るべし、百円均一!!

【スキャナ】
・これ(EPSON GT-8400UF)は敢えてPhotoshopCS6の為だけにWIAサポートは使いません。むしろ、CS2.0でTWAINを用いたほうが、確実でキレイなので、両刀遣い決定です。こうなってしまったのも、複合機のスキャナがあまりにも貧祖すぎることが全ての原因なんだけどね。

【キャプチャー】
・7番組まで同時録画はこれ以上増やしても意味が無いので終了。

【モニター】
・現時点で十分フルハイビジョンなんだけど、あと2インチ大きいのが欲しくなった。あ、でも条件はHDMIフル対応でオーディオ出力端子を持っていなければ、今のほうがマシなのでいろいろと思案中。

【スピーカー】
・現時点では、音を鳴らすスピーカー自体は十分すぎる範囲なのは、過去に言った通り。故に、前述のとおり音質の向上がとんでもなくよくなったので、サウンドカードやアンプの買い増しはしません(…多分)。

【WEBオーサリング】
・Adobe Goliveの最終バージョンから、Adobe Dreamwaver CS6に完全移行しました。少々、タグの知識が多く求められるようにはなりましたが、慣れてしまえばタグをいじる楽しみも味わえるでしょう。当初は某ホームページビルダーにする予定だったのですが、どうも、タグの構造が掴みづらい&手修正がしにくい所を考えたら、結局こっちになりました。

【デスクトップガジェット】
・「Windows VISTA」で言うサイドバーの拡張版です。実はこのマシンには、とんでもない量のマシン状況を把握するためのガジェットが常に揃っています。
@Core Temp = CPUの現在の温度を把握するには欠かせません。
@CPU Usage = 稼働率を各スレッドごとに把握できます。
@Top Process Moniter = どのアプリが重たいかは一目瞭然。
@Network Meter = 言うまでもなく、ネットトラフィックの表示です。
@I-O Drive Center = HDDの使用量がすぐに判ります。
@GPU Observer = グラボの使用率・量が、一目でわかります。
@Drives Meter = HDDのパーテーションごとで、常に容量管理が可能。複数起動を推奨。
@Comono DigiClock = 面積こそ小さいですが、律儀に時報をお伝えします。
@MSN Weather HP = 降水確率や気温はもちろん、夜は月齢も表示!!
@sinCalender = あまりに正直過ぎな面も…。軽くしたいなら不透明で。

<<今後の計画>>

・タブレットを購入予定。品定めは完了したと思っていたのが…何か自分の画法では…やっぱintuosシリーズしかないわなぁ…。あとは価格との相談…かな?
・Blu-rayのオーサリングソフトと、もっと緻密で優秀な再生ソフトが欲しい。どちらも結構高級品なんだよね~。
・ゲームやCADはやらないから同じGeforce6番台でもXシリーズまでは要らない…。でもCUDAを使いたいから、絶対にNVIDiAでなくちゃ嫌、というか処理の根幹に関わるので。

藍澤光の一挙公開!!【1】

ファイル 262-1.jpgファイル 262-2.jpgファイル 262-3.jpgファイル 262-4.jpg

先ずは常設の定番な壁紙。

【1枚目】1440×900pixel
【2枚目】1440×900pixel
【3枚目】1440×900pixel
【4枚目】1440×900pixel

通し番号A~D

なお、「Microsoft Silverlight 台湾」のページは↓こちら。

http://www.microsoft.com/taiwan/silverlight/

藍澤光の一挙公開!!【2】

ファイル 263-1.jpgファイル 263-2.jpgファイル 263-3.jpg

常設の壁紙集より

(1)1920×1080pixel
(2)1920×1080pixel
(3)1920×1080pixel

通し番号No.A~B,e
次回より、季節限定を一挙公開っ!!

藍澤光の一挙公開!!【3】

ファイル 264-1.jpgファイル 264-2.jpgファイル 264-3.jpgファイル 264-4.jpgファイル 264-5.jpg

【限定版・初期】

(1)1920×1080pixel・クリスマス初期アップ
(2)1920×1080pixel・クリスマス初期全面
(3)1920×1080pixel・バースディイベント用
(4)1920×1080pixel・No.6(新年限定-1)
(5)1920×1080pixel・No.8(リミテッド-1)

まだまだ続きます。

藍澤光の一挙公開!!【4】

ファイル 265-1.jpgファイル 265-2.jpgファイル 265-3.jpgファイル 265-4.jpgファイル 265-5.jpg

【期間限定版】

1920×1080pixel No.9
1920×1080pixel No.10
1920×1080pixel No.11
1920×1080pixel No.12
1920×1080pixel No.13

まだまだ続きます。

藍澤光の一挙公開!!【5】

ファイル 266-1.jpgファイル 266-2.jpgファイル 266-3.jpgファイル 266-4.jpgファイル 266-5.jpg

【期間限定 初期~中期】

1920×1080pixel No.14
1920×1080pixel No.15
1920×1080pixel No.16
1920×1080pixel No.17
1920×1080pixel No.18

まだまだ続きます。

藍澤光の一挙公開!!【6】

ファイル 267-1.jpgファイル 267-2.jpgファイル 267-3.jpgファイル 267-4.jpgファイル 267-5.jpg

【限定版・中期~最近】

1920×1080pixel No.19
1920×1080pixel ハロウィン2011(N0.24)
1920×1080pixel バースディ2
1920×1080pixel 春節2012
1920×1080pixel ハロウィン2012

もう1回っ!!

藍澤光の一挙公開!!【7】

ファイル 268-1.jpgファイル 268-2.jpgファイル 268-3.jpgファイル 268-4.jpg

【限定版・2012最新版あたり】

1920×1080pixel春2012
1920×1080pixel夏2012
1920×1080pixelバレンタイン2012
1920×1080pixelクリスマス2012

また入手したら掲載しますねん☆彡

便利な【DVDトールケース】~もちろんBlu-rayでもOK~

ファイル 261-1.jpgファイル 261-2.jpgファイル 261-3.jpgファイル 261-4.jpg

さて、あなたはDVDをどうやって保管していますか?

私も結構な数のDVDを持っているので、1ケースに1枚しか入らない(例外で2枚というのもある【写真2】)。これではどんなスペースがあっても全然足りない。

また、自分でDVDやBlu-rayを焼いている人には、その枚数でかなり辟易していることかと思いますが(現に私も困ってました)、時には収納に相応しくない物も多々あります。

例えば、CDでよく用いられるジュエルケース。硬そうに見えて、実は、蝶番の位置が弱くなっているので割れやすい。しかも、大した機能でないのに百円均一で3枚セット。一部では、ポケットタイプのケースもありますが、そのタイプは、いくら傷がつきにくい不織布を使っていても、何気に盤面に細かい擦り傷がつく(特にBlu-rayには致命的)。

そこで、今回紹介するのがキャンドゥで販売されている「6枚収納CD・DVDトールケース」です(入っている感じは【写真1】)。これならば、盤面は傷つきづらいので結構有利。しかも【写真3】の比較のように、1枚でも6枚でもケースのサイズは変わりません。これは収納するには有難いです。もちろん、タイトル面に透明なポケットが付いているので、インデックスシートを普通のDVDのようにオシャレに管理出来ます。

かな~り便利なので、店頭で見つけたら【写真4】とりあえずは1枚買ってみて下さい(たった¥105なので苦痛ではないでしょう)。もし、使っていて気に入ったら、というかほとんどの方が気に入るかと思いますので迷わず買っても大丈夫でしょう。

もし、インデックスシートに凝りたければ、Justsystemから発売されているラベルマイティにテンプレートがあらかじめ入って居ますので、活用の手段としては、かなり優秀でしょう。

狂乱のPCスペックアップ・その6

<<狂乱のPCスペックアップ・その6>>
もうこれ以上しなくても、多分先々の運用には差がないか…と思っていました。そこで、Windows エクスペリエンス インデックスを軽~く再評価してみたら…、

プロセッサ:7.6 メモリ(RAM):7.6
グラフィックス:7.2、ここまで行けばどう考えても過剰と言っても良いくらいとんでもないパワーを持ってしまいました…が、

プライマリ ハードディスク:5.9 きっと、HDDからブートを立ち上げている限りは殆ど変わることはないでしょう。さて、ここから更なるスピードアップを狙って…やってやろうじゃないの!!

【電源】
現行では500Wのもので運用。サウンド関係は、M/Bから切り離した分と、グラッフィックに至ってはそもそも大容量を使わなくても良くなったので、…無理に電力強化しなくても何とかなったのかも??って気も。いっそのこと、内蔵のBDXLのドライブを買い増しちゃおうかな~。

【マザーボード】
intel DP55B
・デバイスマネージャーをよく見てみたら…「あれ、1つ認識してない??」ということに気づき、調べた結果は「ACPI」の誤認識。おいおい、システムの根底に関わることだぞ!?と、徹底的にM/Bのチップセットに様々なバージョンのドライバーをぶつけまくって、更にレジストリーを検索かけて、怪しいエントリーは尽く消しまくって、およそ2日がかりで修復成功。さすがにこれは参った…。
・BIOS設定の裏技を使って、標準動作周波数の通常倍率を21.0→22.0に変更。ついでにクロックも133→156までぽーんと持ち上げて、intel Turbo Boostが活きてる処理時はACPIの修復により、ACPIの管理状態が好転したので、ついにCPUが4.212GHzを達成。とはいえ…もう安定動作の限界まで来てしまったので、これ以上は上げられないだろうなぁ…。

【CPU】
・Core i7 860(Lynnfield)2.8GHz
前回、ヒートシンクの能力を上げたので、クロック数を133→138にしたのが、メモリーの耐久性とOSの正常動作の安全範囲ギリギリで上記のように133→156と、大幅な変化を遂げました。更にACPIの厳密な管理よって、フル稼働時でも3572MHzを達成!

【SATA】6本+eSATA1本
・チップセットの構成を把握するのに時間がかかったけど、ここまで生かせるのならな~んも問題なしっ!

【Bluetooth】オンボードで使用可能…だが、同じ2.4GHz帯のLogicoolの「Unifying」と干渉する可能性が高いので、BIOSレベルで停波に設定…とするつもりが、Logicoolがunifyingのレシーバと対応しているデバイスを持っている人に、USB延長ケーブルを無料配布を行なっているので、仮に、BluetoothだけでなくUSB3.0でも場合によっては障害が起こっている場合も救済されます☆彡

【メモリー】
12GB
・いやまぁ…こんなにフル稼働時で、メモリー内に大量のキャッシュを構築しても、12GBのうち50%しか使ってないのだから16GBまで上げる意味がそろそろ判らん(苦笑)

【USB】
・USB2.0=14本→17本。以前と違って、全部を活かすことが可能。
・USB3.0=PCI-Express1に装着で2本。但し、電源の融通が随分と良くなったので、次は4本のカードを導入する計画があり。さすがに、USB3.0対応のHDDで2TBが\9,000を切ってしまったら、買わなきゃ嘘でしょう~(笑)

【USBマスストレージ】
・百円均一のおかげで、極小USBメモリーを達成。容量的には、H.264/AVCで普通に圧縮したアニメであれば2クール分は余裕で入ります。しかもクラス10だからむっちゃ早い☆彡
・なお、同じくUSBマスストレージと判断されるカードリーダーも新調する予定なので(これは激安だから、そんなに遠い未来じゃない)、どう変化するのかが楽しみだわ。

【SSD】
・これは迷わず買うっ!! さしあたっては128GB程度あれば十分すぎるので随分とお安いお買い物が出来そうです。ありがたや~☆彡 これで、Windowsの起動がかなり速くなると(推測の範囲内で)計算してみた。まぁ…SSDの寿命はビミョーらしいとの話がちらほらと聞こえてきますが、通常の運用で考えればエラーの頻度を加味しても、40年近くは十分に耐え切れるでしょう。そもそも、今のPCの世代交代の激しさを考えたら、そこまでの寿命は必要ないでしょう。

【HDD】
・3.0TB維持(非常用を除く)。…といこうと思ったけど、前述のとおりUSB3.0の2TBなHDDが入手できそうなので、(非常用の)シリアル変換HDDは近いうちに消滅。それ以前に、システムエリアは丸ごとSSDが担うことになるハズなので、大幅に概念が変わるかと…。

【光学ドライブ】
・BD「LTH TYPE」が格安で大繁殖中なので、ブランクメディアと収納性に優れたケース(後ほどの百均の記事で書く予定)を大量買いっ!!BDXLもいよいよ内蔵タイプが¥9,000を切ったので、…そろそろいきましょっかね♪

【入力デバイス】
・Unifyingキーボードは、激安なので新調で追加。いや、だってケーズデンキで期間限定で1280円で売っていた中に、1つ開封済みという理由で10%引きになってたものがあったから、逃したら勿体無いってことで、それを迷わずお引き取り(当然、ケーズあんしんパスポートを使ったから更に5%引き)。で、結果…\1,094になりました(苦笑)。今まで使ってたキーボードは、無線似非レーザーマウス(赤)と併せてUnifyingレシーバーに設定。これで、持ち運びでどのPCに突っ込んでも、普段通りなタイピングやマウストラッキングが可能☆彡
・Unifyingレーザーマウスは継続。万が一、マウスがトラブルにあった時のために、もう1台無線似非レーザーマウス(青)も登録。

【プリンター】
・CANON PIXUS iP2700のインクカートリッジのリセットと、DAISOの百円均一の詰め替えインク&サンワサプライの顔料ブラックのお陰で、恐ろしいくらいに低コストで印刷が可能。普通に書面を作る位ならば、用紙A4片面で3円程度(紙代込)。しかも、何故かモノクロよりもカラー印刷の方が安くなるという、妙な逆転現象も…。

【スキャナ】
・これ(EPSON GT-8400UF)については、相当迷ってたけれど…TWAINでPhotoshopCS2で使えていたのだけど、PhotoshopCS6(64bit)に移行してからはTWAINが無効になってしまったので、そろそろ退役かなぁ…とか思っていたけど、結局はWIAサポートならば「診断テスト」に合格してしまったので、引き続き継続。いや、こうなってしまったのも、複合機のスキャナが貧祖すぎることが全ての原因なんだけどね。

【キャプチャー】
・7番組まで同時録画はこれ以上増やしても意味が無いので終了。

【モニター】
・現時点で十分フルハイビジョンなんだけど、あと2インチ大きいのが欲しくなった。あ、でも条件はHDMIフル対応でオーディオ出力端子を持っていなければ、今のほうがマシなのでいろいろと思案中。

【スピーカー】
・現時点では、音を鳴らすスピーカー自体は十分すぎる範囲なのは、過去に言った通り。故に、前述のとおり音質の向上がとんでもなくよくなったので、サウンドカードやアンプの買い増しはしません(…多分)。

【おまけ】
・実は、新調したM/Bのオンチップサウンドには、ヘッドフォン使う時の排他処理に、場合によっては致命的な欠陥が発生していたのですが、今回チップセットから再生系統を思い切って離した関係上、トラブルが全くなくなりました。

<<今後の計画>>
・タブレットを購入予定。品定めは完了したと思っていたのが…何か自分の画法では…やっぱintuosシリーズしかないわなぁ…。
・Blu-rayのオーサリングソフトと、もっと緻密で優秀な再生ソフトが欲しい。
・ゲームはやらないから要らない…。

【更におまけ】
ファイル 260-1.jpg
写真前方のシルバー光沢の方が、退役したグラボGEFORCE GTS240。後方のオレンジのファンが付いてる現行のグラボはGEFORCE GT640。こんなに小型化したのに、性能は圧倒的に上です。小さくて省電力なのは、とてもありがたいですっ☆彡

JE^[