記事一覧

2012.05.21金環日食の撮影報告☆彡

ファイル 217-1.jpgファイル 217-2.jpgファイル 217-3.jpg

どうもお久しぶりのブログ更新になります~。

【写真1】AM 07:34:40
【写真2】AM 07:36:00
【写真3】撮影機材…っていうか確率式から割り出した仕様例。

折角の大天体ショー、金環日食なのにあいにくの天気で思いっ切り曇天…。最初は、コリメート撮影+ピンホール撮影にするつもりだったのが、あまりにも追尾に合わせてピンホールを取り替えて、シャッターラグが激しいと踏んだので…まぁ、たまには変わった撮影方法もいいだろうということで、ハイビジョン撮影で追従に変えることになりました。晴れてたら、そんなに微妙な調整しなくてもよかったんだけどね…ショボーン↓↓↓

でも、よくよく考えてみたら望遠鏡の鏡の研磨の精度とCCDの性能を考えたら、カールツァイス・ヴァリオゾナー&ハイビジョン動画という美味しい資産を活かさなきゃ勿体無いわということで、綿密に調べ直した結果、こうなりました。

拡大率はイマイチだけど、ファインダーを肉眼で覗くという危険な手法を取らないということを考えたら、結果的に作戦は大成功だと思います(苦笑)

1枚目の写真は、最大食分のジャストの時間から抽出。2枚目は一番シーイングがよいものを抽出。ビデオカメラ自体は、民生用初のハイビジョンムービー/SONY製で、随分とこなれた…というか古い(かも?)仕様だけれど、レンズの優秀さがここまで発揮できるのだったら大満足です。

ちなみに、場所が特定されても困るので、詳しくは書きませんが、金環日食帯の中心線直下(誤差300m以下)で撮影出来たのは、とても恵まれていたなぁと今更ながら思います。しかしまた、丁度厚い雲の切れ間から撮影できるとは思ってもいませんでした…というか気圧配置を観るだけでも、絶望的…って感じだったのですけどね
~。

さて、資料的価値は如何でしょうか?
もし必要でしたら、GPSの測地系と時間を出すことも可能なので、資料として使いたい方には個別に対応します☆彡

あ、3枚目は実際に撮影した時の仕様です。ちょっと工夫すれば、日食メガネを使わなくても観測が出来るという例です。なお、晴天だと仮定した時の参考資料は、http://sanana.jp/cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=215 からどうぞ。実は、結構細かい計算だったりはするんですよ(数学が赤点でも、実体があるものを計算するのなら、な~んも苦痛じゃないし(笑))。

もし、金星の日面通過を撮影したい方がいらっしゃったら、この計算式を参考にどうぞ。ある程度は実用的なものになると思いますよ♪

多分、その日の条件がよければ、割り出した数値通りで36mmフィルム相当で2000mmといった条件でトライしてみます。まぁ、もうちょっと試験撮影を繰り返さないと、クリアな像で撮影できるかどうかは微妙ですが…。だって、ある程度の大きさはあるけど、それでも金星位だったら点にしか写りませんから(苦笑)

GW辺りで盛って成長したメインマシン

<<狂乱のPCスペックアップ>>

とまぁ、ここしばらく体調を崩していてまともに何も出来なかったのですが、そのかわり、PCのメンテナンスや、通院の度の電機屋巡りをしていくうちに、なんかとんでもないことになってしまいましたwww 自作も面白いけどBTOからカスタマイズしていくのもなかなか楽しい(許容範囲が存在するが故に、品物の絞り込みがじっくりと出来る)。

【メモリー】
6GB→12GB
・一見、無駄に見えそうだけど、ハイビジョンのソースを4本流して処理させて、更に多少の操作の幅を活かすにはこの位が推奨条件(ちなみに、必須なら8GB程度でよい)。

【USB】
・USB2.0=10本→14本(物理的に切り離せない物を除く)
・USB3.0=PCI-Express1に装着で2本新設

【HDD】
・1TB→2.5TB(但しパラレル→シリアル変換が1つあるので、バス幅の関係で(非常時以外は)500GBは装着してあるだけで結線してません)。(※1)

【光学ドライブ】
・DVDマルチドライブ→BDドライブ(BD-RE書き込み可能。コンボドライブなので下位互換あり。ブート可能。)(※2)

【入力デバイス】
・キーボード=有線→無線(※3)
・マウス=有線→無線×2(※3)

【プリンター】
・EPSON PM-G800→CANON PIXUS iP2700に変更(※4)
・ネットワーク経由 EPSON PX-503Aを新設。

【キャプチャー】
・3番組→7番組まで同時録画が可能(※5)

とまぁ、無茶をしましたが…まだ完成していません(苦笑)
一気に、残金で購入しちゃってもいいんだけど、飲み会とかで要り用があるので、さすがに着手をやめておきました。まぁ…今でも十分すぎる位なので、いろいろと考えてからでもいいんだけどね。

USB 3.0を増設しても、対応機器がないので、速度を要求されるドライブを仮で差し込んである。実質的には、2.0でも転送速度は1.5倍位まで早くなるんだけどね。まぁ、いずれ外付けUSB 3.0対応のHDDを付ける予定だから、先に用意してあったほうがいいし。

とまぁ、久々の日記がこんなんでいいのかなぁ…??

※1 HDDはパラレル→シリアル変換するとバス幅をたっぷり使うので、もしBDで焼いてたらかなりの高率で問題が発生する(と、計算して見積もったらそうなった)から、普段は眠ってます。4ピン電源がないから、半田付けまでして改造したんだけどなぁ(苦笑)

※2 何か10倍速で書き込みが出来るみたいだけど、そんなメディアが売ってるのは殆ど見たことないから(大抵が6倍速程度まで)、明らかにオーバースペック。ちなみに、いままで買わなかった理由は、絶対に本体とメディアの値段が下がるから、それを見越して、絶妙なタイミングで購入。<基準>ドライブ単価が¥8,500以下&6倍速メディア(25GB)が10枚セットで1枚あたり¥110以下になったら購入と決めていたから、どっちも達成出来たので嬉々として購入。ウン、なかなかいい買い物をした☆彡

※3 Logicoolの「Unfyingレシーバー」が、1つのUSBポートで6つまで同時に入力デバイスを操れるから採用。USBポートの無駄がなくていいねぇ。おまけ的な付加価値は、キーボードは耐水性あり。ちとコーヒーをこぼした位でも壊れない。マウスは光学式なんだけど、波長が可視光外なのでレーザーマウス並のトラッキングが可能。動画の編集がかなりラクになった♪

※4 実質的にはダウングレードになるんだけど、機構上から言えば今までみたいにインク詰まりに悩まされることは、まずありえないので、これで十分。ついでに、CMYKで%管理がしやすいので、直感で色調補正が出来るのはある意味美味しい。で、出力枚数が多すぎる時は、ネットワークを活用して、フローしたデータを出力させるから、実質的には2つプリンターが接続されているのと同じことになる。

※5 こんなに同時録画が重なるなんてことはありえないし、うち2つが、レコーダーで焼きこんだものからプロテクト解除する操作が加わるので、チャンネル設定次第で切り替えることにした(地上波・BS・CS・ケーブルTVといった具合に)。

<<今後の計画>>
・ギガビットイーサーをフルに使いたいので、対応スイッチングハブを購入予定。
・USB 3.0を活かす為に、HDD外付け2TBを購入予定。
・タブレットを購入予定(まぁ、時間がないので後回しでいいんだけど)。
・グラボをバージョンアップ予定。爆速のCUDAが使いたいし、4GBのグラフィックメモリーは魅力。
・但し、電源とCPUは変更予定なし。節電しましょ☆彡

金環日食を撮影するには?

ファイル 215-1.jpg

もうすぐ金環日食です。
天気が良いことを祈りつつ、撮影する方法の小ネタを1つ。

日食撮影用のサングラス、随分と色々な所で売っていますね。
あれを使って撮影する方法もあるのですが、通常のカメラで焦点距離がたかだか400mm(銀塩相当)では足りません。ちなみに、400mmのレンズを買うことを考えると…実は約10万円もします。ついでに、そのレンズに日食撮影用のグラスをフィルターとしてつけるとしたら、そのレンズの大きさを考えたら…高すぎて買えません。しかも1回限りで使用することを考えたら、無駄遣いにも程があります。

そこで「安価で手軽に撮影しようじゃないの」と考えると、1つ面白い選択肢が出てきます。それは…

「コリメート撮影+ピンホール撮影の組み合わせ」

です。名前だけ見ると、難しい方法に見えてしまいますが、原理は至ってカンタン。まず、画面にドアップで太陽を写すにはレンズだと(35mm銀塩換算で)2000mm程度が必要です。しかも、レンズ単体でそれをやってのけるには、口径(対物レンズ)の大きさは10cm以上と、まぁ…重たいやら高額やら、となってしまうので、標準レンズ(通常で考えれば35mm相当で等倍)で双眼鏡(オペラグラス程度でも問題なく撮れますので、持っている人はそれを使っちゃって下さい)を覗けば良い訳です。これだったら、1眼レフにしなくても、普通のコンデジで十分です。要は拡大されれば良いのです(これがコリメート撮影の概略)。

ただ、そのまま太陽を覗いてしまったら、肉眼なら間違いなく視力障害が起こるような事故や、直接覗かなくてもCCDを壊す原因になります。なので、対物レンズ側に「黒い紙にピンで穴を開けた」ものを貼り付けます(ピンホール撮影の概略)。なお、双眼鏡の使わない側は事故防止のためにキャップをつけましょう。

手順はこれだけです。あとはカメラ側でシャッタースピードを変えたりISO感度を下げたりして減光すればバッチリです。

さて、何故に「対物レンズ」側に黒い紙を貼るのかというと、接眼レンズ側に黒い紙を貼ったら、双眼鏡などで増幅された日光がダイレクトに当たるので、本体が強烈な日光で発熱しますし、場合によっては黒い紙から発火します(虫メガネで黒い紙を燃やすのと全く同じ事です)。

まぁ、工夫次第では、そんなにお金をかける必要がない、という例です。もちろん、コンデジでカンタンに覗くのもよし、もし望遠鏡に1眼レフを取り付けるにも、十分対応します。

ただ、ピンホール撮影の弱点は「レンズの絞り過ぎで、光の解析現象が発生するので画像が甘くなる」というのだけはご留意を。

☆☆ いくつか受け付けた質問より ☆☆

Q:カメラにNDフィルターを付けたいのですが…
A:どアップで写すつもりなら、そんな高い買い物はやめておいたほうが…。確かに、ND800×2でそれなりの減光は可能ですが、高倍率ということはレンズも大きいので、フィルターも大きくなりますからねぇ…。

Q:肉眼で日食メガネを使ってみる時の注意は?
A:長時間見続けないで下さい。可視光線が低下してるのは感覚的に判るけど、紫外域・赤外域がどの位低下してるかは判らないので、思わぬ事故に繋がります。

Q:日食メガネが入手できません!!
A:まぁ、今回はかなりの枚数が販売されたので、そう欠品の騒ぎにはならないと思いますけど、間接的にでも欠けたりリングになってるものを観たいのであれば紙を2枚用意。1枚には、ちっちゃい穴をあけて、もう1枚にその穴を通ってきた光を映し出します。ピンホール撮影の原理をそのまま使うのが、目には一番優しいかと思います。

Q:ピンホールのピン穴の大きさはどの位?
A:あまり小さいと画像がボケてしまうので、ちょっとした計算をしてみましょう。太陽の明るさは-26.7等級、満月の明るさは-12.7等級。1等級上がると2.511倍の明るさになるので、

2.511^14=約49.8万倍。

満月が肉眼で丁度、と思うのなら1/498,000以下まで光を減らす必要があります。なので、ピンの穴の面積は出てきた数字の通り、非常に小さい面積です。但し、カメラの場合はシャッタースピードやISO感度がいじれるので、仮に1/8,000秒までの速いシャッターが切れて、ISO感度が60まで下げられれば、

【私が撮影した満月のある日の場合の例】
絞り値:f/0(望遠鏡に直付けなのでf値はありません)
露出時間:1/50
ISO感度:200

f/11まで下げれば7段
1/8000まで露出を減らせば約9段
ISO 60まで感度を下げれば約3段

1段下げれば1/2暗くなるので、光量は約 1/180。

この時の口径を4.6cmに制限していたので、実際の面積は
23mm×23mm×3.14=約1,660mm^2

498,000/180=2,722

同条件で撮影するのなら、1/2,711の面積まで絞れる穴を開ける。

→√(1,660/2,722/π)=半径1.77mmの穴を開ければ良い、ということになります。とんでもなく小さくて使い勝手の悪い穴ですね(苦笑)。

もっとも、満月を撮影した経験測値から言えばもうちょっと位は明るくても良いのですが、ファインダーを覗く際は(ミラーレス1眼レフを除いて)UVカット(99%以上、A+++)なサングラスでも付けなければ、とても安心とは言えません。ただ、シャッタースピードが1/8,000秒なんて仕様はセミプロ~ハイアマな範囲なので、せいぜいで1/640~1/2,000程度と考えるのが妥当ですから、大きく開けてもせいぜいパンチ穴程度が限界(正直、これでも大きすぎる位…)だと思って下さい。

Q:青空の中に欠けた太陽を写すことは可能ですか?
A:常識で考えたら、どう考えてもありえない位な不可能なハナシですが、太陽がどの大きさで写るかを正確に判っているのであれば、方法はなくもないです。

【免責事項】以下は、1つでも意味が判らないだけで重大な事故に繋がるので、本当に判るよと言い切れる人だけどうぞ。なお、何か遭っても、当方は一切の責任は負いません。

(1)まず、空がなぜ青いのかの理由を考えて下さい。理由が判れば偏光レンズで空の色を抽出することは可能です。
(2)太陽の視直径は、天文年刊をよ~く読めば判りますので、自分の使っている機材の倍率がどの程度かを判っていれば、太陽のみをマスキングすることは可能です。地球の自転速度を正確に判っていれば、1秒でどの位太陽が移動するか判ります。歳差運動や、公転速度や、摂動がどの位発生するのかも判ればなおよいのですが、そこまで精度の高い研磨をされたレンズはそうそう存在しませんので(仮に研磨が正確でも、筒内のわずかな気流で揺らぎが発生しますから)誤差がどの程度出るかを把握して下さい。
(3)基本は2重露出です。太陽をマスキングしたものと、太陽のみを安全に写したものを重ね焼きすれば目的はかないます。
(4)空の色に関しては、スポット測光で割り出した固定値を使う。太陽自体は、測光も何もあったものじゃありませんから、とにかく最速で。
(5)幸い、太陽そのものを撮る時は、太陽以外は露光しないので、重ね焼きをしても青空は露光されます。後はピンホールの取り外しの手際次第です(これ、激ムズです…)。そういう意味では、デジカメよりはフィルムカメラの方が向いているのかもしれません。デジカメの場合は、Photoshopのレイヤー機能「スクリーン」もしくは「比較(明)」を使うと重ね焼きしたのと同じような結果になります。
(6)大気で光が拡散しにくいように、清廉で出来るだけ空気の薄い場所を選びましょう。理想的なのは2000m級以上の登山をすることですが…、今回の金環食帯では、あまり適地はありません。

なお、この方法は「コロナグラフ」の原理を応用したもの。コロナグラフそのものはそんなに大きくなくても十分なのですが、どれだけ扱いが面倒なのかは、検索すれば判るかと…。

くれぐれも言っておきますが、長時間太陽を見つめるなんてことは、どの方法で観るにしてもやめて下さいまし。

また、教えて~なのもどしどしお待ちしてますので、お気軽にどうぞ☆彡

※写真は、今回参考にした満月の写真です。ノートリ&無調整でも2,000mmならこの程度の大きさ・感じに写ります。なお、コリメートでも、この位ならばそこまで難しいことはないでしょうし写りも大差ありません。

2012.04.20の岡村真美子サマ☆彡

ファイル 214-1.jpgファイル 214-2.jpg

マジ天使☆彡(ノ´∀`*)

…と言う前に、真美子ちゃん、ちょいと太った?
て、私はこの位健康的な方が良いのですが、もしかしたらそう思った方も多いかと思って…てことなのでスルーして下さい。膨張色の赤を着てるのですから当たり前ですよね~。

そいや、真美子ちゃんもボトムは花柄。アレ?みさとちゃんも確か花柄…。んん~?関連性は全くないはずなのに、何となく連動してる回が多いような??

原色だからっていうのもあるけど、いつもにも増してマジ天使☆彡(ノ´∀`*)なので、とてもおいしそうです(その褒め方ってどうよ(汗))

もうちょっと枚数が溜まったら、ベストショット展コーナーでもサブドメインで作っちゃおうかな~??

あ、もちろん利用方法は「個人で使う用途の範囲内」で。職場のPCのデスクトップ位ならいいかもと思いますが(単なる閲覧の範囲内だし)…。ただ、どのくらいの人が引くかを考えたら、2次元好きな人に対してのソレとあまり代わりはないかもと思いますが。

ちなみに学校で自己紹介の時に好きな趣味は「お天気キャスターさんを観ること」と言ったら爆笑されました。特に、誰とかも性別とかも言わなかったけど、感じとって笑った皆さんの考え方は、みんな同じなんでしょうね~。

良いじゃん、メンクイだって!!

2012.04.20の長野美郷サマ☆彡

ファイル 213-1.jpgファイル 213-2.jpgファイル 213-3.jpgファイル 213-4.jpgファイル 213-5.jpg

マジ天使☆彡(ノ´∀`*)

しかも、フラワーギフトディだから「マジお花畑!!」
「何だ、毎週のことじゃん…」と思うなかれ。今回は、ちょっと挑戦的な画像のUPです。普段だったら、キリッとした角度が多いトコロを、みさとちゃんがちょいと魅せ方を頑張っているシーンだけ取り上げました~☆彡 …ってか、無っ茶時間がかかったよ~(苦笑)。

「イ」行の口と、両目のキャッチライトが入っているのは、毎度だけど…もしご興味があったら、いままでのみさとちゃんの映る角度が(単に方向でなく立体的に)違うショットを集めました♡彡

特に3枚目はかな~りの冒険です。「あ、こんな面もあったんだ」って思って頂ければ大成功です♪ でも、何故にあじさい?季節的にはもちょいと先のような気もするのですが…って、まぁみさとちゃんが花柄で出てくるのも珍しいので、それなりにおいしい回になりました。

や~、これを観ないと1日が始まらないのですよね~。

天気の面でも、笑顔の方法でも、私的な趣味でも(笑)

コメント一覧

非公開 (04/18 18:16) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

コーヒーの冷めにくい「HEART MAG COVER」(ダイソー版)

ファイル 212-1.jpgファイル 212-2.jpgファイル 212-3.jpg

以前、http://sanana.jp/cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=200 で紹介した、「マグのふた・MAG COVER」。あれは確かに便利ですし、欠点を見つけるのが難しいくらい。ならば、他でも探さなくても良いじゃん?…ってなりますよね?

でも、どんな商品でも1,2箇所は改善して欲しい所があるもの事実です。そのうちの半数以上は特許を取ったり、出願中とかだったりで、そうそうカンタンには美味しいとこだけ拾ったような商品はありません。

てことで、ダイソーに類似品が無いかと調べてみたら…

それなりに良いものが見つかりました。これが「HEART MAG COVER」です。熱の保持には微妙ですが、転倒時にキーボードにコーヒーの洗礼を受けさせずに済むという点はこちらが有利です(なんせ、吸盤のような圧接方法を使っているからです)。また、キャップのハートの部分にスプーンが挟めるようになっていますので、片手で手軽に扱えます。

「マグのフタ・MAG COVER」は片手で手軽に扱えて、なおかつ熱を逃がしにくいので、なかなかの良製品であると思って使っていましたが、想定外の方向に力が加わってしまうと、バキッ!と割れることがあります(接着剤で治せば何とでもなりますけど)。デザインもなかなか洒落てて好きなのです。

しかし、良い点をそれぞれ挙げていくと「HEART MAG COVER」のほうが汎用性は優れていますし、溢れにくさは圧倒的。但し、材料の関係で、熱の逃げを防ぐには少々力不足なような気がします。ついでにいえば、マグの大きさにもかなり左右されます。

でも、PCのキーボードを破壊させることと比べれば、はるかにいいでしょう。なおこの商品とUSBのカップウォーマーを同時に使わないで下さいませ。説明には書いてありませんが、水蒸気や空洞の気体の密度が増す(=吸盤のための気圧差が応用できない)ので、フタの役目を果たしません。

本当に一長一短ですが、上手く使えば非常に優れた商品なのでは?と思います。100円で高く感じるか、お得と感じるかは…ひとそれぞれだと思いますが、周囲を汚さないことを考えたら「HEART MAG COVER」を、あくまでも片手で手軽に保温性を求めるのであれば「マグのフタ・MAG COVER」といった具合に考えると面白いですよ。

ちなみに、どっちも兼ね備えた商品が出たとしたら、それはステンマグや小さい魔法瓶になってしまうので、100円で買えるようなことはまずありえないでしょう。

これでオッパイ型があれば面白いのに(そりゃセクハラだわ…(苦笑))

2012.04.19の岡村真美子サマ☆彡

ファイル 211-1.jpgファイル 211-2.jpgファイル 211-3.jpgファイル 211-4.jpg

マジ天使☆彡(ノ´∀`*)

ほほぅ…、真美子ちゃん、淡い色でも緑か黄だったら似合うのですね~。丸顔だから、引き締め効果のある濃色のほうが、より洗練されてスマートに見られるけど、折角のカワイさが衰退しちゃっても困るので、洋服の色選びは結構大変なんでしょうね。

それはさておき、今回は色々比較して観るために、ちょっとバリエーションを増やしました☆彡

どの表情や姿勢が好まれるかの、いい参考になると思いますので、堪能して頂けたら幸いです。

2012.04.19の長野美郷サマ☆彡 (2)

ファイル 210-1.jpgファイル 210-2.jpgファイル 210-3.jpgファイル 210-4.jpgファイル 210-5.jpg

マジ天使☆彡(ノ´∀`*)

朝は、みさとちゃんを観ないと元気が出ません。
その理由は、例えば天気予報が外れたとして、それでも「ま、いっか」で観てる側が温和になってくれる為には、どんな笑顔を表現すればいいのかは、その道のプロに学ばないとなかなか出来ないものです。

私自身は、あまり笑顔が上手ではないので、趣味も含めて、表現の仕方の勉強になっていたりします。これで、少しでもいい笑顔を表現が出来るようになれば何よりなのですが。

とは言え、全ての笑顔を学ぶとしたら、どこかに齟齬が出ることには代わりがありません。なので「学んでいい気象予報士」と「学ぶべきでない気象予報士」をどう見極めるかです。

その点、みさとちゃんの場合は、あいまいな表現で誤魔化さなくても、多くの視聴者が「まぁ、天気は気まぐれだから仕方ないな」と思われる笑顔を武器にしているので、積極的に学ばせてもらうのもいいでしょう。

万能と呼ばれる人は、そう世の中にはいませんので、ターゲットを定めて「この人なら…」と信じるしかありません。でも、反面教師を含めて、どう学んでいくかは大事なのだなぁと感じています。

悪いことを真似するようでは、ちょっと困ってしまいますが…、見定める目標を作っていくのはとても大事な事ですから。なので、答えが見つかるまでは続けます。正直、ラクな作業ではないのですが、「審美眼」を高めるには、何かに集中してみてはいかがでしょうか?

2012.04.19の長野美郷サマ☆彡 (1)食べてるシーンで固めてみた

ファイル 209-1.jpgファイル 209-2.jpgファイル 209-3.jpgファイル 209-4.jpgファイル 209-5.jpg

マジ天使☆彡(ノ´∀`*)

てゆうか、みさとちゃんの手料理が食べたい、いや「みさとちゃんを食べ(自主規制)」

…と、気をとりなおしてフツーに。あくまでもフツーに。
さて、毎度地産地消のものが多く出てくるこの時間の特徴なのですが、どこにいけば一番旬なものが食べられるのでしょうか?私は、方々の地産展や道の駅などで、旬なものを買うのですが…やっぱり足をどんどん運ぶしかないのかにゃぁ??

ま、続きはフツー版な(2)のほうで。(1)だけじゃマジ天使☆彡(ノ´∀`*)なお天気お姉さんじゃないもんwww

2012.04.18の長野美郷サマ☆彡

ファイル 208-1.jpgファイル 208-2.jpgファイル 208-3.jpgファイル 208-4.jpgファイル 208-5.jpg

マジ天使☆彡(ノ´∀`*)

実は…シロエビのかき揚げと刺身のどちらがいいのか悩んだのですが(って、何を基準に選んでるんだか(苦笑))、刺身になりました。かき揚げも美味しそうだったんだけどね~。でも、朝から天ぷら(しかも油がたっぷりのかき揚げ…)を食べられる胃袋が羨ましすぎたのでこっち。

う~ん、そろそろみさとちゃんも疲れが出てくる頃かな~?と思っていたら、なんかすごく元気そうなのでよかった☆彡(少なくとも、ブログを目の前に頭を抱えている小生よりは、はるかに健康かと)。ちょっとサボりすぎて溜めちゃったから、後が大変なことになりそう、ってかキャプチャーする数が増えてくると、さすがに1TB盛ってても足りないもんですね。そろそろ、USB3.0を2TBほど付けてもいいかなぁ。値段もこなれてきたし、何よりも玄人志向からインターフェイスボードが¥1,000で買えるようになったから、さっさと付けたいのですけどね~(てか、これを付けないと親父のノパソよりもまだパワー不足気味って感じだし。最近はマシンスペックの上昇するスパンが早いなぁ。1年ちょっとで、1世代昔なマシンになっちゃうのは、さすがに如何なものかと…)。

とか、色々考えつつも、マウスパッドがみさとちゃんで固定しているあたりが小生らしいトコなのかなぁ??(PCであまりに贅沢しすぎると帰ってこれなくなるしwww)

JE^[